ぽっこりお腹をまずはぺたんこお腹にする

ぽっこりお腹をまずはぺたんこお腹にする

女性だといつまでもキレイでいたいですよね。

ボン、キュッツ、ボンというメリハリのあるスタイルが女性の憧れのスタイルだと思います。

特にキュッツというウエストのくびれ。

これがあるのとないのとでは全然違う体型に見えてしまいますよね。

ウエストのくびれがあると、どのような服も自由に着ることができます。

しかし、ウエストのくびれがないと、ウエストが目立たないようなワンピースを着るなど配慮しなくてはいけなくなってしまいます。

くびれがないために、ウエストが目立たない服を着ないといけないなんてそんなの嫌ですよね。

せっかく女性でいるわけなんですから、ウエストのくびれがあるキレイなスタイルに見えるような服を着て、街を歩きたいですよね。

ウエストのくびれがないという場合は、ぽっこりお腹であることが多いと思います。

ぽっこりお腹

まずはこのぽっこりお腹を直さないといけないと思います。

ぽっこりお腹をぺちゃんこお腹にするためには、お腹に筋肉をつける必要があります。

筋肉をつけることで、ぽっこりお腹をぺちゃんこに抑えることができるようになります。

お腹の筋肉をつけるためには、腹筋は必須です。

毎日時間があるときに、腹筋をするクセをつけるようにしていきましょう。

腹筋をするかしないかで、時間が経てば経つほど、腹筋の効果が目に見えてくるようになります。

腹筋をすると、お腹だけでなく、そのまわりの筋肉も鍛えることができるようになるので、ぽっこりお腹をぺたんこお腹にするだけでなく、胸などの筋肉もつくようになるはずです。

お腹まわりの筋肉がついてくると、お腹がぺたんこお腹になり、そして、ウエストにもくびれが出てくるようになるのが目に見えるようになるはずです。

ウエストのくびれを作るためには、まずはぽっこりお腹をどうにかする必要があるというわけです。

ウエストのくびれがあるのに、お腹はぽっこりという方は胃下垂の方ぐらいしかいなく、通常は、ウエストにくびれのある方はお腹もぺたんこなことが多いので、まずはお腹のお肉をなんとかするように努力していくようにしましょう。

Comments are closed.